[News] アバターによるギター演奏プロジェクトにて Chord Worker を活用いただきました

視線入力演奏/プロデュース: 加茂フミヨシ(ギタリスト/プロデューサー)

この動画はデジタルハリウッド大学『オープン・スギヤマ・プロジェクト』の認定を受けたプロジェクトとして制作されました。

こちらのプロジェクトにて、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者様の演奏を行うツールとして Chord Worker を提供させていただきました。 動画では、演奏者が視線入力によって Chord Worker を操作しギターを演奏しています。 本プロジェクトは、ALS などを患っていても音楽が楽しめる可能性を示すものであり、社会的に意義のあるプロジェクトであると考えられます。

動画の収録にあわせて Chord Worker の改良を行いました。動画で使用されている Chord Worker には、オリジナル版 (ver. 1.0.0) とは一部異なる機能が搭載されています。本プロジェクトの Chord Worker Type p.e.a は次のリンクよりお試しいただけます。

Chord Worker Type p.e.a

  • 考案/企画: 加茂フミヨシ
  • 開発: Diatonic code